(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 2014年
名称 ほんみち
読み仮名 ほんみち
略称・通称
所在地 大阪府高石市羽衣3丁目1-72
URL
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 072-261-0830
FAX番号 072-261-9953
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1952年
内容 ほんみちは大正2年(西暦1913年)甘露台・大西愛治郎様によって創始せられた心の道であります。大西愛治郎様は明治14年奈良県宇陀郡で誕生され、19歳の時、母君の大病より天理教に入信、以後人助けのため群馬県、そして山口県において伝道布教活動を続けられました。その中、神様からの特別な御働きかけにより静思黙想の結果、大正2年旧7月15日、御自ら甘露台であることを悟られました。甘露台とは天の神様の御心を人間界にとりつぐべき天啓者に与えられた神名であり、天理教祖中山ミキ様の真の後継者にも通じるところから、その事実は教内では受け入れられず、やむなく新たにほんみちの発祥となったのであります。ほんみちは組織としては、はじめ大正14年奈良県竹内に天理研究会の名で設立されましたが、昭和3年同13年の二度にわたる大戦予告と日本の神代記に関す発表が時の法律にふれ天理研究会不敬事件として弾圧迫害の的となりました。しかし昭和20年終戦をもって全員に免訴の判決が下り青天白日の解決を見るに至り、根拠地を大阪府高石市に移し、名称も天理本道そして昭和25年には現在のほんみちと改め新たな前進が始まりました。現在ほんみちは本部の外に海外も含めて2支部5出張所を置き(その他巡教会場は多数あり)役員約6千人、信徒約30万人で組織され、それぞれの場所で心ある人々に、この世の真理をうったえております。
国内および国外の信者数
国内信者数 10万〜50万
国外信者数 100人以下
活動趣旨および目的
内容 天理教祖を通じてくだされた天啓録につき、教祖の後継者「甘露台」が、これを解明して体得せられたほんみちの教義をひろめ、儀式・行事を行い、信者を教化育成し、伝道所を包括し、その他教えの目的を達成するための業務を行うことを目的とする。一手一つの理想人間界の実現。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
元旦祭 1月1日
開扉記念式 5月5日
春季大祭 5月26日
発祥記念祭 8月15日
秋季大祭 10月26日
宗教者の活動・布教・教化
内容 定席講話者、別席講話者、神殿講話者、伝道布教の巡教勉強会(全国230箇所)、その他各所集会においての教化育成にあたり、また各管理者としての業務を推進しています。
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 朝・夕の“御勤め”礼拝をはじめ、自ら教えの理を治め、常に反省(さんげ)と、天恩に感謝喜びを天に供え、その御指導の甘露台様に心を寄せ、助け一条による布教伝道、また団体に基づく儀式行事に自発的に参加し、常に精神的向上をめざしています。
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 教理・教義・講習会(定席)(別席・略席)の聴講、つまり「教師の活動」「信仰生活」の欄に書かれてあることの実行と、ひのきしんという天恩に報いる奉仕活動として、ほんみちの建設・施設の維持管理など、すべてひのきしんで行われます。教団の維持管理は、信者の自発的なひのきしんと寄付・喜捨物によります。
参加・所属について
参加・所属の手続き 本部総合案内所に申し出ていただきます。
参加・所属の単位 個人単位
他宗教との重複 できる
入会金の有無 不要
入会金額
会費の有無
会費額(年額)
義務の有無
義務の内容 教えの理解により、自発的に奉仕活動があります。(布教活動、ひのきしん)
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 御指図
御筆先
泥海古記
教義一斑
など
崇拝対象
内容 人間はじめ宇宙万物創造主の親神様(月日様)を心の目標、天啓者、甘露台様をつとめの目標とする。
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
著者 書名 出版社 発行年
ほんみち泉南支部泉南支部公報部 『案内リーフレット(本部、泉南支部、関東、中部、明石、西部の各出張所、ロサンゼルス出張所)』 泉南支部公報部 1998 年
ほんみち泉南支部 『ほんみちの概要』 泉南支部公報部  2002 年
ほんみち教義部 『ほんみち概観』 ほんみち本部 1980 年
ほんみち教義部 『道しるべ』 ほんみち泉南支部 1990 年

ほんみち本部へ申し込んでいただきます。
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 刊行頻度 発行年
『ふしん』 月刊 1976年

本部における定席講話を受講した人ならほんみち施設で入手できます。
映像・音声(入手可能なもの)
内容 特に一般に配布、又は販売するVTRはありません。
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否
公開条件等
社会活動
内容 なし
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容
Copyright(c) Religious Information Research Center