(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 2014年
名称 大本
読み仮名 おおもと
略称・通称
所在地 621-8686 京都府亀岡市荒塚町内丸1番地
URL http://www.oomoto.or.jp
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 0771-22-5561
FAX番号 0771-22-5926
メールアドレス webmaster@oomoto.or.jp
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1952年
内容 明治25年、出口なお開祖(1836〜1918)に、艮の金神=国祖・国常立尊が帰神して、「三千世界の立替え立直し」を宣言し、大正7年の昇天までに預言・警告の筆先(半紙20枚綴一万巻)を記した。同31年、出口王仁三郎聖師(1871〜1948)は、神霊の導きにより郷里の高熊山(京都府亀岡市)で一週間の霊的修業をし、現・幽・神三界の過去・現在・未来を洞察する霊力を受け、救世の使命を悟った。同32年聖師は大本に入り、開祖の五女出口すみこ(1883〜1952)と結婚、開祖とともに大本の基礎を築く。大正6年より開祖の筆先「大本神諭」を、同10年より聖師の高熊山修業の際、見聞した内容の救世の書「霊界物語」を刊行。同8年亀山城跡を入手し、ここを神教宣布の中心地とし、発祥の地綾部(現、京都府綾部市)を祭祀の中心地として二大聖地を築く。大正10年に第一次、昭和10年に第二次弾圧を当局よりうける。昭和20年に第二次弾圧事件は解決し、翌21年に愛善苑として再発足する。同27年、出口直日(王仁三郎・すみこの長女(1902〜1990))が三代教主を継ぎ、教団名を大本に復活(5月21日宗教法人登記)、出口日出麿教主補(1897〜1991)とともに、人心の改造と世界の恒久平和実現につとめる。平成2年に、出口聖子(直日の三女(1935〜2001))が四代教主を継承し、平成13年4月29日、出口紅が五代教主(聖子の姪(1956〜 ))に就任し、現在に至る。
国内および国外の信者数
国内信者数 17万人
国外信者数 8,800人
活動趣旨および目的
内容 大本は、開祖出口なお、聖師出口王仁三郎を二大教祖と仰ぎ、「大天主太神」を奉斎し、大本教法による神教を信奉して、祭儀をいとなみ、教義をひろめ信徒を教化育成し、神の家及び所属団体を包括し、公益事業を営み社会の福祉増進に寄与し、人類愛善の実践につとめ、世界の恒久平和とみろくの世実現、人類永遠の救いのためにつくすことを目的とする。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
節分大祭 2月3日
みろく大祭 5月5日
瑞生大祭 8月7日
大本開祖大祭 11月第1日曜
宗教者の活動・布教・教化
内容 他教団のいう「教師」を当教団では「宣伝使」といい、大本信徒のうち信仰篤く、徳行高く、信徒の範となるものであって、大本の教えを宣べ伝える聖なる使命を担うものをいう。(宣伝使は一般に専従ではない)
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 朝夕の礼拝、教典・教書の拝読。
その他、特別な修行などはなく、正しい日常生活をおくることが信徒個々の修行ととらえている。
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 地方の神の家、又、本部の月毎の祭典「月次祭」、「諸祭典」、「大祭」等への参拝。
大本教義の研鑽。
社会福祉奉仕活動
参加・所属について
参加・所属の手続き 教主及び本部への入信届けの提出
参加・所属の単位
他宗教との重複 できない
入会金の有無 必要
入会金額 入信玉串料といい、個人2000円、家族は5000円以上をお願いしている。
会費の有無
会費額(年額) 会費ではなく、献金としてお願いしている。基準として毎月2,000円以上。
義務の有無
義務の内容 教えの実践につとめ神業に奉仕する。大本を護持し、その運営に参与する。
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容 本人からの退会届出。又は転宗したことが明らかな場合は退会とみなす。
教典およびそれに準ずるもの
内容 教典:二大教祖(出口なお、出口王仁三郎)の著した、以下を教書としている
大本神論(全7巻)
霊界物語(全81巻83巻)(出口王仁三郎著)
道の栞(出口王仁三郎著)
道の光(出口王仁三郎著)
                 
教書:歴代教主・教主補が著した以下を主な教書としている
水鏡・月鏡・玉鏡(出口王仁三郎著)
おさながたり(出口すみこ著)
私の手帖、聴雪記、寸葉集(全2巻)(出口直日著)
信仰覚書(全8巻)信仰叢話、信仰雑話(出口日出麿著)
その他
崇拝対象
内容 天地のありとあらゆるもの、全大宇宙を生み、育てられている根本の独一真神(主神)をはじめ、大地をつくり固められた祖神である国常立尊(厳霊)、豊雲野尊(瑞霊)、その他正しい神々を「大天主太神(おほもとすめおほかみ)」と仰ぎ、おまつりしている。
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容 1 「教典およびそれに準ずるもの」で示した教典、教書は、天声社、並びに一般書店でも購入できる。
2 活動案内、聖地案内など各種リーフレット:教団本部発行:随時

入手方法
1(株)天声社(京都府亀岡市荒塚町内丸1番地、TEL0771-24-7525、FAX0771-25-3655、webmaster@tenseisya.co.jp)へ。
2 亀岡宣教センター愛善宣教部国内愛善宣教課 にて対応している。
〒621-8686 天恩郷 大本本部亀岡宣教センター愛善宣教部国内愛善宣教課
 Tel.0771-22-5561 Fax.0771-22-5926     E-mail:senden@oomoto.or.jp
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 刊行頻度 発行年
みろくのよ 雑誌 月刊 1956年
大本 雑誌 月刊 1946年
人類愛善新聞 新聞 季刊 1925年
ピノコーロ リーフレット 季刊 2012年

入手方法
同上
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否
公開条件等 宗教法人大本規則:研究の内容、目的が明確な場合は、申し出により可能。
社会活動
内容 社会福祉活動として、保育園の運営、老人ホームの運営等を外郭団体が行っている。そのほか国際共通語エスペラントの普及、宗教交流である宗際活動、国際医療援助、災害復旧援助活動などを行っている。その他、農業活動を行う外郭団体もある。
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容 日宗連・教派連・WCRP・同宗連・世連日宗委
Copyright(c) Religious Information Research Center