(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 2014年
名称 鞍馬寺
読み仮名 くらまでら
略称・通称
所在地 京都市左京区鞍馬本町1074
URL
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 075-741-2003
FAX番号
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1953年
内容 宝亀元(770)年、鑑真和上の高弟、鑑禎上人が毘沙門天を祀る草庵を結ぶ(開山)。
延暦15(796)年、造東寺長官の藤原伊勢人が堂塔伽藍を整え、千手観音を併祀。
爾来、平安京守護、浄土教信仰、武人信仰と時代のニーズに応えながら、一方で福徳を授かる庶民信仰も盛ん。
江戸時代後期の火災と明治時代の神仏分離政策で打撃をうけ、長く衰亡の時代が続くが大正〜昭和初期に復興。昭和24年には立教開宗された鞍馬弘教の総本山となる。
国内および国外の信者数
国内信者数 1万〜10万人
国外信者数 100人以下
活動趣旨および目的
内容 宇宙の大霊、宇宙生命である鞍馬山尊天を本尊として、鞍馬弘教の教義を広め、鞍馬山法門の妙旨を伝え、信者を教化育成して、尊天より御力を戴いて強い信念を確立して、真実誠心をもって世に尽くす人たらしめ、儀式を行なう。
縁あって鞍馬山を訪れる方に心の安らぎと深い宗教的境地を得ていただく。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
初寅大祭 1月最初の寅の日
花供養 4月中旬の15日間
五月満月祭(ウエサクさい) 5月の満月の夕
竹伐り会式 6月20日
如法写経会 8月1、2、3日
宗教者の活動・布教・教化
内容 まず僧侶、教師自身が尊天信仰、信仰の三ヶ条を実践する(一掃除 二看経 三学問)。 縁ある方々に安らかな心、日常生活で見失いがちな深い宗教的境地を味わっていただくため、儀式行事、御祈祷、法話などを行なう
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 信仰の三ヶ条に即した生活をする(非行悪言を慎み、己を完成する。真実誠心をもって世に尽くす人となる。尊天より御力を戴いて強い信念を確立する)。
個人的な信仰のあり方については強制しない。
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 鞍馬山尊天を礼拝する。
儀式行事に参加し、礼拝、瞑想、写経などを行なう。
奉仕活動をする。
参加・所属について
参加・所属の手続き 尊天信仰を深く理解し、尊天を信じ結ばれる決意をする
参加・所属の単位 個人単位
他宗教との重複 できる
入会金の有無 必要
入会金額 5000円
会費の有無
会費額(年額) 1000円(奉謝金として)
義務の有無
義務の内容 信仰の三ヶ条を実践すること
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 『法華経』
『鞍馬山勤行儀』
崇拝対象
内容 鞍馬山尊天
(千手観世音菩薩)
(毘沙門天王)
(護法魔王尊)
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
著者 書名 出版社 発行年
遠藤周作・信楽香仁 『古事巡礼 京都27 鞍馬山』 淡交社 1978 年
中野玄三 『鞍馬寺』 中央公論美術出版 1972 年
信楽香雲 『鞍馬山歳時記』 鞍馬寺出版部 1970 年
鞍馬寺教務部 『鞍馬山小史』 鞍馬寺出版部 1995 年
鞍馬寺出版部 『ガイドブック』 鞍馬寺出版部 1974 年

鞍馬寺に直接申し込む(直販)
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 刊行頻度 発行年
『くらま』 雑誌 年刊 1922年

鞍馬寺からの直販、寺へ申込む。
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否
公開条件等 場合によって公開
社会活動
内容 出版活動(鞍馬寺出版部)
ケーブル運行(鞍馬山鋼索鉄道…参拝者の利便のため)
社会福祉 鞍馬山保育園(別法人だが全面的に協力)
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容
Copyright(c) Religious Information Research Center