(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 旧データベース(1998〜2013年)からの引継ぎ
名称 生長の家
読み仮名 せいちょうのいえ
略称・通称
所在地 〒150-8672 東京都渋谷区神宮前1丁目23番30号
URL http://www.sni.or.jp
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 03-3401-0131
FAX番号 03-3401-3596
メールアドレス info-honb@sni.or.jp 
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年
内容 昭和5年3月1日 『生長の家』誌が創刊され、「生長の家」立教となる
昭和11年1月  「教化団体生長の家」を設立
昭和15年4月13日 宗教団体法の実施に伴い、宗教結社「教化団体生長の家」届出
昭和21年9月9日 宗教法人令第3条に基づく宗教法人「生長の家」設立
昭和24年7月1日 宗教法人令第2条に基づく宗教法人「生長の家教団」設立
昭和27年5月30日 宗教法人法による宗教法人「生長の家教団」設立
昭和32年8月5日 宗教法人「生長の家」に名称変更
国内および国外の信者数
国内信者数 50万〜100万人
国外信者数 50万人以上
活動趣旨および目的
内容 ・谷口雅春創始の生長の家の教義に基づき、その主著『生命の實相』を鍵として、万教共通の宗教真理を開示し、これを宣布することによって、人類光明化につくすこと。
・ 教化道場及び礼拝施設を備え、この宗教の教義に基づいて儀式行事を行い、信者を教化育成すること。
・教義の発祥及び発展の沿革を明らかにするため、総裁の遺跡、遺文、記念物等を保存し、この宗教の史跡及び施設を散逸せしめざるよう修理保管すること。
・各地に生長の家教化部、道場及び伝道本部を設け、それらにおいて宣布する教義を判釈し、及び儀式行事を行わしめ、もって布教の統一を図るとともに、その教務及び事務を総攬すること。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
新年祝賀式(東京・原宿の生長の家本部) 1月1日
建国記念の日祝賀会(同) 2月11日
生長の家春季記念日祝賀会(同) 3月1日
布教功労物故者追悼春季慰霊祭(同) 春分の日
宝蔵神社盂蘭盆供養大祭(京都府宇治市の生長の家宇治別格本山) 8月17日〜19日
布教功労物故者追悼秋季慰霊祭(東京・原宿の生長の家本部会館) 秋分の日
龍宮住吉本宮秋季大祭(長崎県西彼町の生長の家総本山) 11月21日
龍宮住吉霊宮秋季大祭(同) 11月21日
谷口雅春大聖師御誕生日記念・生長の家総裁法燈継承日記念式典(同) 11月22日
宗教者の活動・布教・教化
内容 誌友会、講演会、練成会などの行事において講演し、または行を指導(先導)します。その他、個人相談に対して指導します。
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 ・神想観(生長の家独特の座禅的瞑想法)の実修(通常、朝と夜各1回30分程度)
・聖経(生長の家のお経)の読誦
・生長の家の月刊誌や書籍を通しての真理の学習
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 「教団・教会に集まって行う活動」とは何を想定されているのか分かりませんが、「活動」が「行事」などを指すとしたなら、例えば次ぎのようなものがあります。(→「年間の主な行事」を参照)
他に、講演会や練成会(合宿して生長の家の教えを学ぶ会)などがあります。
参加・所属について
参加・所属の手続き 生長の家の教義を信奉し、その実践目標である「生長の家七つの光明宣言」に賛同し、その自覚をもって「生長の家聖使命会」の会員となるものが、この教えの信者であり、これを生長の家の教化部などを構成する「家族」と称し、協議を宣布する出版物を継続的に購読して修養するものを「誌友」と称します。従って信者になるには「生長の家聖使命会」に入会してもらうことになります。また「誌友」になるには、次ぎの4種類の月刊誌【編集・宗教法人「生長の家」、発行・日本教文社、『光の泉』(中・高年の男性向け)・『白鳩』(女性向け)・『理想世界』(青年男女向け)・『理想世界ジュニア版』(中学生・高校生向け)】のいずれかを購読してもらうことになります。
参加・所属の単位 その他
他宗教との重複
入会金の有無
入会金額
会費の有無
会費額(年額) 雑誌の年間購読料=一冊2310円。・生長の家家族会員…月額1口(100円)以上を納入する者。・生長の家護持会員…月額一口(400円)以上を納入する者。・生長の家什一会員…月額1000円)以上を納入する者。・生長の家特志会員…什一会員にして月額1万円(10口)
義務の有無
義務の内容 「生長の家聖使命会」とは、次ぎの目的のために設けられています。
・人類光明化の使命遂行のため、本部並びに地方組織の運動の推進に資する。
・本部並びに各地教化に必要な営造物の建設及び維持に資する。
・会員の団結及び連絡を緊密にする。
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 谷口雅春著『生命の実相』(頭注版、全40巻)
谷口雅春著『真理』(全11巻)
『新選谷口雅春選集』(全20巻)
『新選谷口雅春法話集』(全12巻)
『谷口雅春著作集』(全10巻)、等
谷口輝子『めざめゆく魂』
谷口輝子『愛は至るところに』
谷口輝子『女性の書』、等
『谷口清超新書文集』(全10巻)
谷口清超『正法眼蔵を読む』上・中・下巻
谷口清超『智慧と愛のメッセージ』
谷口清超『伸びゆく日々の言葉』
谷口清超『神想観はすばらしい』
谷口清超『「甘露の法雨」をよもう』
谷口清超『人生はレッスンである』
谷口清超『ステキな生き方がある』
谷口清超『何をどう信ずるか』
谷口清超『無駄なものは一つもない』
谷口清超『人生はドラマである』
谷口清超『行き詰まりはない』等
谷口恵美子『やさしく呼んであげて』
谷口恵美子『光の中をあゆむ』
谷口恵美子『光の輪をひろげよう』
谷口恵美子『わたしの玉手箱』
谷口恵美子『心の散歩道』
谷口恵美子『花とあそぶ』等
谷口雅宣『心でつくる世界』等
崇拝対象
内容 本尊は、生長の家大神と仮に称しますが、教義においては生長の家とは「大宇宙」の別名ですから、大宇宙の本体者の応現または化現と認められます。正しい宗教の救いの本尊たるものは、いかなる名称の神仏も、わが宗教の本尊として礼拝します。ただし、あらゆる正しい宗教の本尊の奥にある「実相」(唯一の真理)を礼拝の対象とするため、「實相」の書を掲げています。
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容 「誌友」が購読する4種類の月刊誌がその役割をはたしている
→定期刊行物参照
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 頻度 発行年
『聖使命』 新聞 月刊
『光の泉』 雑誌 月刊
『白鳩』 雑誌 月刊
『理想世界』 雑誌 月刊
『理想世界ジュニア版』 雑誌 月刊

『聖使命』1部25円
申込先(宗教法人「生長の家」〒150-8672東京都渋谷区神宮前1-23-30、電話03-3401-0131、受付は木曜を除く9時30分から17時)

月刊誌はいずれも1部185円(送料別)
年間購読料=2310円
申込先(財団法人「世界聖典普及協会」〒107-8691東京都港区赤坂9-6-33、フリーダイヤル0120-374644、受付は日曜・祝祭日を除く9時〜17時)
映像・音声(入手可能なもの)
内容
タイトル
『子供の教育』
『夫婦愛の正しいあり方』
『宝蔵神社盂蘭盆供養大祭』

申込先:財団法人「世界聖典普及協会」〒107-8691東京都港区赤坂9-6-33、フリーダイヤル0120-374644、受付は日曜・祝祭日を除く9時〜17時)
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否 不明
公開条件等
社会活動
内容 次ぎの法人があり、それぞれの活動をおこなっています。
財団法人新教育者連盟(教育活動)
株式会社日本教文社(出版活動)
財団法人世界聖典普及協会(出版物の頒布活動)
財団法人生長の家社会事業団(社会福祉活動・翻訳活動)
専門学校「生長の家養心女子学園」(教育活動)
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容
Copyright(c) Religious Information Research Center