(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 旧データベース(1998〜2013年)からの引継ぎ
名称 京都霊山護國神社
読み仮名 きょうとりょうぜんごこくじんじゃ
略称・通称 京都神社
所在地 〒605-0861 京都市東山区清閑寺霊山町1
URL http://www.gokoku.or.jp/
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 075-561-7124
FAX番号
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年
内容  明治元年5月10日、明治天皇から、維新を前にして倒れた志士の霊を祭るため東山の佳域に一社を創立せよという御沙汰書が出された。それに感激した京都府、山口、高知、福岡、熊本、鳥取、久留米の諸藩と澤三位家、徴兵隊が霊山山上にそれぞれ祠宇を建設したのが創祀であり、我が国招魂社の始まりである。それより当社の祭祀と営繕には国費があてられ、社号には特に「官祭」を冠して「霊山官祭招魂社」と称した。
 昭和11年、支那事変が契機となって、京都府出身の英霊を悉く当社に合祀しようという運動がおこり、霊山官祭招魂社造営奉賛会が組織され、境内を拡張し、新たに社殿が造営された。当社の合祀造営が魁として、政府においても、郷土出身の英霊を奉祀するために、従来の招魂社制にかわって、全国の各都道府県に護国神社を指定することになり、昭和14年4月1日、内務大臣指定(告示142)により「京都霊山護国神社」と改称した。
国内および国外の信者数
国内信者数
国外信者数
活動趣旨および目的
内容 維新の志士と京都出身の英霊の奉祀
年間の主な行事
内容
行事名 月日
例祭 4月28日
例祭 10月14日
宗教者の活動・布教・教化
内容
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動
参加・所属について
参加・所属の手続き
参加・所属の単位
他宗教との重複
入会金の有無
入会金額
会費の有無
会費額(年額)
義務の有無
義務の内容
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容
崇拝対象
内容 誅組の主将中山忠光卿ら、霊山官祭招魂社に奉祀された勤王の祭神519柱。
東福寺、大雲院、泉涌寺の官祭招魂社などから明治41年までに合祀された勤王の祭神1356柱。
日清、日露、満州、支那、大東亜の各戦役の英霊。
(昭和51年4月1日現在の祭神数73003柱)
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
当該宗教の定期刊行物
内容
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否 不明
公開条件等
社会活動
内容
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容
Copyright(c) Religious Information Research Center