(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 旧データベース(1998〜2013年)からの引継ぎ
名称 臨済宗大本山円覚興聖禅寺
読み仮名 えんがくじ
略称・通称
所在地 〒247-0062 鎌倉市山ノ内409
URL
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 0467-22-0478
FAX番号 0467-23-3027
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1953年
内容 当寺は明治以前の歴史がほとんで、明治以後は昭和39年の仏殿再建以外はほとんどありません。
国内および国外の信者数
国内信者数 1万〜10万人
国外信者数 100人以下
活動趣旨および目的
内容 釈迦牟尼仏を本尊とし、開山佛光国師の法統を継ぎ、その洪範に則り円覚寺派の教義をひろめて、広く信者及び衆庶を教化育成し、儀式行事を行ない、その他臨済宗円覚寺派の大本山たるこの寺院の目的を達成する為の業務及び事業を行なうことを目的とする。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
降誕会 4月8日
開山会 10月2日、10月3日
舎利講・羅漢講式 10月14日、10月15日
宝物風入れ 11月1日〜11月3日
詠歌講(妙香会) 毎月
宗教者の活動・布教・教化
内容 管長親教、持派布教、特別法要、恒例法要、臨時法要、学徒の育成・養成、寺族、檀信徒の研修、布教師の育成、社会事業、機関誌発行等文書伝道、檀信徒団体参拝、団体の研修、各種坐禅会。
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 特別法要、大遠諱、恒例法要、舎利会、施餓鬼会、檀越忌斎、開山和尚毎歳忌。
参加・所属について
参加・所属の手続き
参加・所属の単位 個人単位
他宗教との重複 できる
入会金の有無 不要
入会金額
会費の有無
会費額(年額)
義務の有無
義務の内容 臨済宗円覚寺の教義を信奉し堅持する。
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 仏心を以って宗とし、無門を以って法門とする。故に所依の経典を立てないが、信解証入の化法として、大小乗の経論祖録等を渉猟して標月の指針とする。
崇拝対象
内容 本尊を一定せず、法身の実体を表彰し、観相方便のために釈迦牟尼仏を安置する。由緒により観世音菩薩、文殊菩薩、地蔵菩薩を安置。
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
著者 書名 出版社 発行年
円覚寺 『図録円覚寺』 大塚美術(発行円覚寺) 1985年
足立大進 『もう死んでもいいのですか?ありがとう』 春秋社 1992年
朝比奈宗源 『仏心』 春秋社 1996年
中央公論社 『円覚寺』 中央公論社 1996年
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 頻度 発行年
『円覚』 季刊
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否 不明
公開条件等
社会活動
内容 円覚寺幼稚園経営
鎌倉市社会福祉協議会協力
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容 臨黄合議所、全日仏、県仏(大船地区仏教会)同宗連
Copyright(c) Religious Information Research Center