(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 旧データベース(1998〜2013年)からの引継ぎ
名称 宇宙光照神道ユニバース光団
読み仮名 あまひかるみちゆにばーすこうだん
略称・通称 アマヒカル
所在地 〒194-0203 東京都町田市図師町2396-8
URL
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 042-792-4505
FAX番号 042-492-4505
メールアドレス amahikaru123@yahoo.co.jp
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年
内容 日本国敗戦前、元満州国高等官であったが、昭和21年満州大連市大連神社にて神職奉仕中、天父の神空中に現れたまい天啓を受く。「神は、地球社会を統一大和して地球上の戦争を無くして、地球連邦大平和社会を造る。汝は、一生俗職につかず精進潔斎して天の使いとなり、禊と祓と鎮魂帰神に徹し、神通超能力を発動して苦悩の人民を救い、宗教民族国家を超越してこれを統和し、地球連邦大平和社会を造れ。再び役人のような俗職に就かず、全世界に千ヶ所の聖地霊場を定め遺せ」との天啓を受けた。爾来、帰国して実践、遂に百五十一カ国に伝道し、15万の難病人を救った。唯生弁証法哲学を提唱、哲学と宗教学を結ぶ。 (宗教法人ではなく社会教育団体)
国内および国外の信者数
国内信者数 5000人
国外信者数 1000人
活動趣旨および目的
内容 地球人類社会の戦争を無くし、宗教の争い、民族の争い、国家の争いを無くして、地球連邦社会を造り、原子爆弾を捨てて地球人がお互いに拝み合い助け合い恵み合い讃え合って永遠の平和を確立するために全世界千ヶ所にアマヒカルミチの聖地霊場を定め遺す。八聖人を奉斎して天父の神に帰一せしめる。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
新年祭 1月1日
春季大祭 5月5日、6日
南天祭 8月
讃神音楽会 10月17日
大祓祭 12月
宗教者の活動・布教・教化
内容 生活をしながら信仰修行をなして神通力を磨き、人々を救い助けて信者を造り、貧病災争の四苦を解脱せしめ、感謝と法悦の生活実践に導いて人々を教化しつつある。
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 朝夕、神拝・祖霊拝供養の誠をささげている。
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 年に数度の例祭及び勉強会等
参加・所属について
参加・所属の手続き 入会金を納め、神聖書を購入、礼拝法を学ぶ。
参加・所属の単位 その他
他宗教との重複 できる
入会金の有無 必要
入会金額 10000円
会費の有無
会費額(年額) 12000円
義務の有無
義務の内容 朝夕自宅参拝供養、月に一度道場神前に参拝
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 神典
大光輪の淨照
天上の垂訓
太上官北斗真教
天上イスラムの垂訓
あまひかるみち哲学全集(24巻)
崇拝対象
内容 天光大霊祖天照大神エホバアラーガッド様
その使神佛聖
祖先霊
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
著者 書名 出版社 発行年
大西威尊 あまひかるみち哲学全集 宇宙光照神道ユニバース光団 毎年一冊刊

本代前納の上、申し込む
当該宗教の定期刊行物
内容
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否 不明
公開条件等
社会活動
内容 なし
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容 なし
Copyright(c) Religious Information Research Center