(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 旧データベース(1998〜2013年)からの引継ぎ
名称 三五教
読み仮名 あなないきょう
略称・通称 三五教総本部
所在地 〒437-1301 静岡県掛川市横須賀字万神堂725-8
URL
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 0537-48-0135
FAX番号 0537-48-0136
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1952年
内容 創始者中野與之助翁が長沢雄楯翁に師事し本田霊学を学び、それを基に昭和24年三五教を設立、名称は明治32年に長沢雄楯翁が審神者となった神懸により、「今から50年後にここ清水市玉の井里に『三五』と書いて『あなない』と読む世界的な宗教が生まれる。そこから神の道を全世界に開く」との神示があったことによる。
国内および国外の信者数
国内信者数
国外信者数
活動趣旨および目的
内容 日本には美しい文化、伝統、民族性がある。これを育んだのは古代日本から伝わった自然と共生する神道がある。それは宇宙創生から現在地上万物にいたる諸活動を八百万神と称え、大自然との共存共生、また死後の世界を信じることによって、先祖を祀った敬神崇祖の宗教観こそが日本民族精神の源流であり、日本神道の真髄である。 この日本に伝わった伝統を大切にし、万物の霊長たる自覚と修養によって、人としての使命を全うし、人類万物を生かして下さっている宇宙大御祖に手を合わせ、報恩感謝の世界に生きることを目的としている。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
節分大祭 2月上旬
春季大祭 3月下旬
夏季大祭 7月下旬
秋季大祭 9月下旬
宗教者の活動・布教・教化
内容 信徒の育成、祭祀の執行
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 家庭に奉斎する神様・祖霊様への朝夕の礼拝、月次祭の執行
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 本部大祭及び各主会の祭典への奉仕並びに参加。 主会御神殿、建物の維持管理。
参加・所属について
参加・所属の手続き 三五教総本部にて2日間以上の講習を受ける。
参加・所属の単位 個人単位
他宗教との重複 できない
入会金の有無 不要
入会金額 1000円
会費の有無
会費額(年額)
義務の有無
義務の内容
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容
教典およびそれに準ずるもの
内容 特になし。
崇拝対象
内容 國常立大神 大國主大神 大道彦命
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容
著者 書名 出版社 発行年
中野與之助 玉泉 三五教総本部 1953年
霊界で観た宇宙一巻(鎮魂帰神) 三五教総本部 1965年
霊界で観た宇宙二巻(幽界) 三五教総本部 1965年

非売品につき部外には出しておりません。
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 頻度 発行年
『あなない』 雑誌 毎月1回

非売品につき部外には出しておりません。
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否
公開条件等
社会活動
内容 ありません。
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容 加盟しておりません。
Copyright(c) Religious Information Research Center