(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
教団データベースについて
 本データベースは1998年から2013年までに作成された旧データベースと2014年アンケートによる新データベースとの統合版です。「更新年」の欄に「旧DB」とあるものは、旧データベースに掲載されていた情報を引き継いでいます。2014年以降にご回答を頂いた教団に関しては、更新年が記載されています。
 更新情報は随時受け付けております。新規に情報の掲載を希望される教団につきましては、RIRCまでご連絡ください。検討の上、アンケート書式をお送りいたします。

詳細
データベース更新年
データベース更新年 2014年
名称 華厳宗
読み仮名 けごんしゅう
略称・通称
所在地 〒630-8587  奈良県奈良市雑司町406
URL http://www.todaiji.or.jp
外部問い合わせ先
住所 同上
電話番号 0742-22-5511
FAX番号 0742-22-0808
メールアドレス
SNS
沿革(明治以降の記述が中心)
法人登記年 1952年
内容 明治初頭、寺院はすべて所属の宗派を明示しなければならないこととなり、東大寺(現・本山)は、明治5年9月に浄土宗の所属となったが、明治19年6月に末寺と共に独立して「華厳宗」を称した。その後、昭和14年宗教団体法の施行により、宗教法人の認可を受け、昭和20年の宗教法人令施行とともにこれが再確認され、更に昭和26年の宗教法人法の施行に伴い昭和27年(1952年)8月18日、華厳宗として宗教法人登記を行い現在に至っている。
国内および国外の信者数
国内信者数 1000人〜5000人
国外信者数 100人以下
活動趣旨および目的
内容 本願聖武天皇の万民景福の聖旨を仰ぎ、宗祖良弁僧正の華厳顕揚の深義に基づき、教主釋迦如来の教えを実践宣布して、社会の浄化向上、人類の和平福祉に寄与すると共に、現在に伝承された法会儀式行事等の継承に努める。
年間の主な行事
内容
行事名 月日
修正会 1月7日
修ニ会 2月20日〜3月14日
仏生会 4月8日
聖武天皇慶讃法要 5月2日
解除会 7月28日
盧舎那仏直顕発願慶讃法要 10月15日
仏名会 12月14日
宗教者の活動・布教・教化
内容 本宗の教義を深め実践に努めると共に、信者を教導する。また、法要や行への参加、指導を行うが、寺院により状況は異なる。
信者の家庭での日常的な信仰生活(儀礼・修行など)
内容 寺院・教会・説教所などで事情がやや異なるが、家庭内での儀礼・修行を特定するものではない場合が多い。
信者の宗教施設での活動
信者の宗教施設での活動 特定の日を定めて集まり、お勤めを行い、法話を聞くなどの場合が多いが、呼び方や時期、内容は寺院・教会・説教所により異なる。また、月に一度本山に集まって法要を聴聞したり、早朝に清掃奉仕などを行って、その後法話を聴聞する場合もある。
参加・所属について
参加・所属の手続き 師僧による後見が必要(以下、得度という意味で回答)
参加・所属の単位 個人単位
他宗教との重複 できない
入会金の有無 不要
入会金額 ただし、得度の為の経費は必要。
会費の有無
会費額(年額) 宗費として、2000円/年
義務の有無
義務の内容 教義を深め実践につとめる事。
信者組織の有無
信者組織名
退会規定について
退会規定の有無
退会規定の内容 除籍を申し出る。
教典およびそれに準ずるもの
内容 大方廣仏華厳経
崇拝対象
内容 盧舎那仏(但し、本尊という意味)
当該宗教の刊行物および当該宗教の概要に関する刊行物
内容 ※一般刊行物では出版していない。
当該宗教の定期刊行物
内容
タイトル 種別 刊行頻度 発行年
宗報 華厳(宗内対象) 雑誌 年2回
映像・音声(入手可能なもの)
内容
研究上の目的が明らかである場合の資料・情報の公開
公開可否
公開条件等
社会活動
内容
他の団体(宗教の連合体・他宗教・NPO法人等)と行っている社会貢献活動
内容 全日仏
東大寺として、整肢園(東大寺社会福祉事業団:肢体不自由児療育
施設)・東大寺学園(学校法人)など、個々の寺院での活動はあるが、
華厳宗として実施しているものは無い。
Copyright(c) Religious Information Research Center