(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【7. 西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ギリシャ
記事タイトル *大英博物館に神像の返還を強く要求
本文テキスト  19世紀に英国人外交官がパルテノン神殿から切り取って本国に持ち帰り、大英博物館に寄贈した大理石の神像が初めて国外に貸与された。作品は「川の神イリッソス像」などで、12月6日〜1月18日までロシアのエルミタージュ美術館創設250周年を記念し、展示された。しかし、神像は略奪されたものとして繰り返し返還を求めてきたギリシャ政府はこれに激怒。英国は移送により像が破損する恐れがあるとして返還を拒んできたにも関わらず、ロシアには貸与したとして、首相自ら激しい言葉で非難した。大英博物館は、神像は当時ギリシャを支配していたオスマン帝国のスルタンから正式な許可を得て持ち帰ったものとしている(読売12/8ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center