(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【6. 東ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆ウクライナ
記事タイトル *独立派修道院、デモ犠牲者に祈り
本文テキスト  首都キエフの丘に建つ聖ミハイル黄金ドーム修道院には、2013年11月〜2014年2月にかけて、欧州連合協定への署名を棚上げしたヤヌコヴィチ政権に抗議するデモで治安部隊と衝突し、負傷した人々が保護を求めて逃げ込んできた。ウクライナ正教会独立派(キエフ総主教を長とし、ロシア正教会からの独立を旨とする)の同修道院の聖職者はデモ隊と政治的立場を同じくしており、逮捕の危険があるため病院に行けない負傷者を保護し、傷の手当などを行った。治安部隊はデモ隊を匿えば修道院に踏み込むと聖職者を脅したという。衝突が激化した2月下旬、修道院には25人の遺体が安置されるに至った。現在、修道院では彼らをウクライナの独立を守った英雄と讃え、毎日、魂の平安を祈る儀式が行われている(東京・夕10/23)。
Copyright(c) Religious Information Research Center