(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【5. アフリカ】
小分類(国名等) ◆シエラレオネ
記事タイトル *エボラ熱対策で遺体を洗う儀式やクリスマスのパーティーを禁止
本文テキスト  エボラ熱の感染が広がるシエラレオネでは12月5日、政府が葬儀の際に遺体を洗う儀式を禁止し、感染者の遺体に洗われた形跡があった場合には死者の家族全員を隔離投獄すると発表した。隔離された家族は一定期間刑務所で過ごし、感染していれば治療施設に搬送され、回復すれば再度刑務所に送られる。政府高官は感染経路の約7割が感染者の遺体の不適切な埋葬であるとみているという(東京・夕12/16)。
 また、政府は大人数が集まる会場での感染拡大を懸念して、クリスマスのパーティーを禁止し、ミサの後は速やかに帰宅するよう呼び掛けた。コロマ大統領はキリスト教徒の思いを鑑みて「我が国が凶暴な敵と戦っていることを思い起こすべき」と国民の理解を求めた(毎日12/26)。
Copyright(c) Religious Information Research Center