(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆トルコ
記事タイトル *シリア北部のクルド人救援めぐり対立
本文テキスト  9月下旬以降、シリア北部のクルド人居住地域アインアルアラブ(クルド語でコバニ)が「イスラム国」の猛攻に曝されている。軍事介入をためらうトルコ政府とトルコ国内のクルド人勢力の関係が悪化しており、トルコ軍は10月13日、武装組織「クルド労働党(PKK)」の拠点を空爆した。PKKはメンバーをシリア側に送り込んでおり、政府にも即時の軍事介入を求めていたが、政府は自国にテロが波及すること、アサド政権を利する恐れがあること、またクルド人の分離独立運動が活気づくことへの警戒感などから慎重姿勢を崩していない。トルコ各地のクルド人はコバニのクルド人救援を求めて各地で連日デモを行っており、「イスラム国」を支持するグループと衝突して31人が死亡、6県で夜間外出禁止令が出される事態となった(朝日10/16ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center