(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *8・15
本文テキスト  終戦から59年にあたる15日、各地で追悼行事が行われた。日蓮宗は東京で「千鳥ヶ淵戦没者追悼供養ならびに世界平和祈願法要」を営み、核兵器廃絶を訴えた。なお同墓苑奉仕会から今年も新たに789柱の遺骨が安置されたことが報告された。また日本戦没学生記念会(わだつみ会)は東京で「8・15の集い」を開き<右傾向進む国情を懸念>した(19日付)。平和遺族会全国連絡会は15日、東京で「非戦の憲法生かす道を」の集いを開き、現職中にイラク戦争に異議を唱えた元外交官の天木直人氏が講演した。<「9条以外誇れるものなし」>(26日付)。新宗教新聞、中外日報に各種同類記事。
Copyright(c) Religious Information Research Center