(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【4. 中東・西アジア】
小分類(国名等) ◆チュニジア
記事タイトル *初の民主的直接選挙で世俗派大統領誕生
本文テキスト  10月26日、「ジャスミン革命」で崩壊に追い込まれたベンアリ政権後、新憲法下で初めての議会選挙が行われた。投票の結果、世俗派勢力をまとめたニダチュニスが第1党を獲得、制憲議会で第1党だったイスラム政党アンナハダは第2党に転落した。12月21日に行われた大統領選挙では、決選投票の末、ニダチュニスの党首ベジ・カイドセブシ氏が大統領に選出された。同氏はアンナハダと大連立を組むことで政権の安定化を見込むが、選挙を通して、地中海沿岸の都市部に多い世俗派と、南部農村地域を支持基盤とするイスラム政党との対比が際立つ結果となった(毎日12/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center