(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン<ノーベル平和賞関連>
記事タイトル *サティヤルティ氏とマララさんに平和賞
本文テキスト  ノーベル賞委員会は、10月10日、児童労働問題の活動家であるカイラシュ・サティヤルティ氏(60)と女子教育の権利を訴えてきたマララ・ユスフザイさん(17)とに平和賞を授与することを発表した。サティヤルティ氏は、ボランティア団体「児童労働に反対するグローバルマーチ」を設立し、これまでに不当就労の状況にある子どもたち8万人を解放してきた。受賞に際し、サティヤルティ氏は、非暴力を貫き、平和的な活動を行う「ガンジーの教えが、私の魂に宿っている」と語った。
 マララさんはすべての女子や児童への教育の普及を唱え、2012年にタリバンに銃撃された。現在は回復し、英国を拠点にして活動を続けている。パキスタン出身者の受賞は、マララさんが初めて。また、17歳での受賞は最年少となる。ただ、パキスタン国内では、マララさんの受賞に対し、「欧米の価値観の押し付け」とする否定的な意見もみられる。同国の私立学校連盟の理事長は、マララさんが「イスラム教やパキスタンを不当に批判し、誤ったイメージを与えた」として非難する。またTTPは、マララさんの受賞に対し声明を発表し、「イスラム教を冒涜する多くのマララが殺されることになる」と攻撃継続を警告した(朝日10/11ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center