(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン
記事タイトル *ポリオ発症者、昨年度の3倍に
本文テキスト  パキスタンでは、主に乳幼児が感染するポリオが蔓延している。2014年の発症者は2013年の3倍近くの260人を記録した。2013年までは、感染は予防接種の禁止を強制していたTTPの拠点であった北ワジリスク地区に集中していた。しかし、2014年6月に開始されたパキスタン軍によるTTP掃討作戦に伴い、同地区の約100万人が地区外に避難したこともあり、避難民とともに同国全土に感染が広がった。また、予防接種を行う医療チームを狙ったテロや、「接種を受けた子どもは不妊になる」との迷信が流布され住民が接種に非協力的であるなど、予防接種の徹底は困難な状況にある(朝日12/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center