(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【3. 南アジア】
小分類(国名等) ◆インド
記事タイトル *代理出産への法整備進む
本文テキスト  インド人民党政権(BJP)は、インド国内で2000年代以降急増してきた代理出産の法整備に向けて準備を進めている。インドでの代理出産は、アメリカに比べ3分の1程度の費用で済むこともあり、国外から不妊に悩む多くの夫婦が訪れる。これまでに同国で1万人以上が代理出産で誕生したとされる。代理出産に携わる婦人科医は、代理出産の増加傾向の背景として、「インド人女性は(酒やたばこを摂取しないため)母体が健康な上、ヒンドゥー教徒として輪廻を信じることもあって、代理出産を通じて新たな命が誕生することに寛容な精神がある」とする。今回の法案は、年齢制限や既婚者への限定など、主に代理母となる条件に関するものであり、野放し状態の代理出産を制度化することで、代理出産をビジネスとして育成する狙いもある(読売10/18)。
Copyright(c) Religious Information Research Center