(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *鳥取県の書類開示問題でシンポ
本文テキスト  鳥取県による宗教法人の備付え書類開示問題(『ラーク便り』第22号及び23号6頁10頁13頁参照)について、県内の宗教者らがシンポジウム「信教の自由と政教分離 ―改定宗教法人法と情報公開制度をめぐって」を7月26日に催した。 出席した片山善博知事は、<県が持つ情報は県条例により原則開示。宗教法人の書類だけ非開示にすべきだ、という批判は論外だ>と県の立場を確認。しかし、改定宗教法人法が定める提出書類には不必要なものがあると、疑問も示した。ただ、この問題で<地元宗教者からの具体的な抗議は案外少なかった>。また島薗進東大教授は、宗教法人改定の背景に<信教の自由の誤用>があり、改定批判派は具体的対案を出すべきとし、さらに「本当に情報公開が必要なのは閉鎖的な巨大教団だ」と発言した(7月31日付、17日付。神社新報16日付、仏教タイムス5日付及び19日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center