(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *「イスラム教冒涜」風刺画掲載で捜査
本文テキスト  英語紙『ジャカルタ・ポスト』が掲載した風刺画がイスラム教を冒涜するものだとして、同紙編集長が警察の事情聴取を受けることになった。宗教に対する冒涜は最高5年の禁固刑となる。風刺画は、イスラム過激派組織「イスラム国」兵士が「アッラー以外に神はなし」というアラビア語が書かれたドクロの旗を掲げる姿などが描かれたもので、7月3日に掲載された。同紙は7月5日付け紙面で謝罪している。編集長は12月11日にコメントを発表し、宗教の名の下に暴力を行う「イスラム国」を批判するのは冒涜に当たらないと主張した(読売12/13ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center