(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国
記事タイトル *形象埴輪が古墳から初出土
本文テキスト  12月25日に韓国南西部の全羅南道咸平(ハムピョン)にある「金山里(クムサンリ)方台形古墳」(5世紀後半?6世紀前半)から、鶏などをかたどった形象埴輪の破片が見つかったことを、発掘作業を行った全南(チョンナム)文化財研究所が明らかにした。同研究所の依頼を受けた花園大学の高橋克寿教授によると、朝鮮半島での形象埴輪の出土は初めてで、日本から伝わったものと考えられるという。葬送儀礼や祭祀に関係する場面を表す埴輪の発見は、かつての日本の祭礼や他界の観念が朝鮮半島に伝わっていた可能性を示すと指摘した。全南文化財研究所の研究者は中国大陸、朝鮮半島、日本との間の交流を示すものとしている(東京12/26ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center