(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *原発事故 寺院の補償は矛盾、錯綜状態
本文テキスト  東京電力福島第一原子力発電所の事故により避難生活を送る福島県相双地方の寺院は約40ヶ寺。その補償請求は宗教法人特有の事情から課題が多い。一般の民家は固定資産税評価額などが基準となるが、非課税の宗教法人については基準や判例が確立しておらず<関係者の不安は大きい>。また事故がなければ本来得られたはずの逸失利益についても、浄土真宗本願寺派の寺院では門徒の護寺会が寺とは別の団体とみなされるなど補償対象からはずされることもおきている。現在12万人の避難住民の帰還の目途は立っておらず、事態解決への方途は矛盾、錯綜している(10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center