(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞  クリスチャン新聞
記事タイトル *カトリック、聖公会、ルーテルが合同礼拝
本文テキスト  第二バチカン公会議の『エキュメニズムに関する教令』の発布50周年を記念して、待降節第一主日の11月30日に、カトリック教会、日本聖公会、日本福音ルーテル教会による合同礼拝が「いつくしみと愛のあるところ」をテーマに東京カテドラル関口教会聖マリア大聖堂で行われた。合同礼拝は日本で初めてで、世界でもあまり例がないという。礼拝は各教会の聖歌隊が奉仕し、<同じ洗礼を象徴する「水」やキリストの光を表す「火」も用いて、宣教の使命を分かち合う三つの教会の深いつながりを表現した>。また礼拝に先立ちシンポジウム「『エキュメニズム教令』50年の実り」が行われた。キリスト新聞の記事は同シンポジウムの方を、合同礼拝よりも詳しく報じている(キ25日付、カ14日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center