(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *インターネットの危険から子どもを守る
本文テキスト  「子どもの権利条約」が国連で採択されて25年。「ありがとうインターナショナル」(宮本惠司総裁)は11月21日に東京国際文化会館で記念シンポジウム「インターネットに潜む危険から子どもたちを守るためには」を開催した。基調講演のジョン・カー氏(国際電気通信連合シニア顧問)は、日本が児童ポルノの商用サイト数で世界4位であることを指摘し、また政治家、警察よりも宗教指導者のほうが耳を傾けてもらえると指摘した。コーディネーターの稲場圭信・大阪大学准教授はインターネット上の暴力に対し宗教者が取り組むべき4つの理由を提記し、パネリストが宗教者の役割や連携について発信した(4日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center