(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *「祈りと救いとこころ」学会創立 背景に「新型うつ」の急増
本文テキスト  日本「祈りと救いとこころ」学会創立記念大会が「無望の時代を生きる―新しい絆を求めて」をテーマに11月8日に東京で開かれ、精神科医や看護師、宗教者らが参加した。同学会は、(1)医療、福祉、心理、司法、教育、社会学の人々の自己啓発と連携、(2)宗教とメンタルヘルスの臨床、教育、研究、調査の推進をめざす。創立の背景には精神疾患、とりわけ若年層の「新型(社会文化的)うつ」の急増がある。大会では学会初代理事長の榎本稔氏(榎本クリニック)の基調講演「精神医療の先」やシンポジウムが行われた。また学会顧問に島薗進・上智大学グリーフケア研究所長が就いた(13日付、10月30日付。中外日報14日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center