(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *日本仏教とジェンダーをめぐるシンポジウム
本文テキスト  第2次安倍改造内閣が「女性重視内閣」と謳ったのを機会とした「伝統仏教とジェンダー」の企画記事。今夏、龍谷大学で開かれた「現代日本の仏教とジェンダー」シンポジウムで、曹洞宗の尼僧は法要での下座に置かれるなどの現状を挙げ、「(尼僧は)居てもいなくても同じで、自尊心が持てず、宗教的痛みを感じる」と<心境を吐露>した。また、浄土真宗本願寺派は3万人余の僧侶のうち約3分の1が女性で男女共同参画実現を目指す提言を2001年にまとめたが、作成に携わった内本紀子氏は、今は提言の存在すら忘れられており「僧侶の研修会で男女共同参画やジェンダーの話を持ち出すと拒絶反応を示す人もいる」と<ため息をついた>。川橋範子・名古屋工業大学教授は「日本仏教の未来を考える上でジェンダーの問題を避けて通ることはできない」と<断言した>(10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center