(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *九条の和 日本とドイツの「加害想起」
本文テキスト  「宗教者九条の和」は9月27日に東京カテドラル関口教会でシンポジウムと平和行進を行った。シンポジウムでは三宅晶子・千葉大学教授が「国家が戦争に向かっていく時―宗教と<人間の尊厳> 弾圧・抵抗・協力の過去と現在」のテーマで講演し、日本とドイツの大戦と戦後を比較。ドイツは「被害の想起」より「加害の想起」を重視しており日本は逆であること、またドイツでは市民が「想起の文化」を担っていることなどを語った(仏教タイムス9日・16日合併号、クリスチャン新聞12日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center