(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *第62回式年遷宮 伊勢神宮12別宮の遷御始まる
本文テキスト  伊勢神宮の12別宮における遷御の儀が10月から2015年3月にかけて行われる。10月6日夜には月讀宮及び月讀荒御魂宮が<浄闇のなか斎行された>。記事によると儀式次第は次の通り。<はじめに束帯黒袍に明衣、木綿鬘を身につけた鷹司大宮司と高城治延少宮司、神宮神職らが月讀宮に参進。鷹司大宮司の祝詞奏上ののち禰宜により御扉が開かれた。次に権禰宜が召立文を読み上げ、宮掌以下が御装束神宝を捧持し出御の時を待つなか、鶏鳴三声に続き鷹司大宮司が出御を三度奉唱。神儀は禰宜により奉載され、行障(こうじょう)、絹垣(きんがい)に覆はれ正殿を出御した。新宮に入御した後は御装束神宝を殿内に奉納。閉扉ののち鷹司大宮司が祝詞を奏上し、祭員一同で八度拝をおこなった>(20日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center