(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆「イスラム国」関連
記事タイトル *北大生、「イスラム国」参加を計画
本文テキスト  北海道大学に在籍する男子学生が、シリアに渡り「イスラム国」に戦闘員として参加しようとしたとして、学生を私戦予備・陰謀罪の疑いで事情聴取したことを、10月6日、警視庁が明らかにした。学生は翌7日にも渡航予定だったという。日本人が「イスラム国」へ参加する動きが発覚したのは、本件が初めて。また同罪は、国家からの命によらず、個人的に外国へ戦闘を仕掛ける目的のもとで準備をするなどを罰するもので、刑法93条で定められている。行為を未然に防ぐことが目的のため、自首した場合は必ず刑が免除される。同罪を適用しての強制捜査は、きわめて異例とされる(朝日・東京10/7、日経・東京10/7ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center