(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等)
記事タイトル *教員採用試験の適性検査で宗教に関して質問か
本文テキスト  『毎日新聞』は11月16日、2014年8月に全国47都道府県と20政令市の各教育委員会に実施した調査に基づき、山梨県や山形県など少なくとも4自治体の教委が2013年に行った教員採用試験の適性検査で、性的指向や宗教についての質問を含む心理テストを使用していたことがわかったと報じた。同紙によると、検査で用いられた心理テストは、「Minnesota Multiphasic Personality Inventory」(ミネソタ多面的人格目録検査。略称はMMPI)や、その短縮版。MMPIは精神疾患患者の判定を目的として、主に医療現場で使用されるもので、最も流通している出版社のMMPIの質問項目には、「同性に強く心をひかれる」「キリストの再臨(もう一度この世に現れること)を信じる」といった内容が含まれている(毎日・東京11/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center