(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *イタリアのカトリック系団体、死刑廃止のシンポを開催
本文テキスト  10月23日と25日、イタリアのカトリック系団体である聖エジディオ共同体が欧州委員会と共同で、死刑廃止を目指すシンポジウム「いのちなきところに正義なし2014」を都内で開催した。23日は「法と人権」がテーマで、亀井静香衆院議員やイタリアのマリオ・マラッツィーティ下院議員らが登壇。亀井議員は死刑廃止の法案を翌年の通常国会に提出する意向を表明した。25日は「死刑といのちを考える」がテーマ。死刑確定後に再審開始の決定で釈放された袴田巌氏とその姉ひで子氏や、死刑執行後にも再審請求が続く「飯塚事件」の再審請求弁護団の徳田靖之弁護士が登壇し、仏教やキリスト教、新宗教を信仰する宗教者の討論も行われた(朝日・東京10/18、毎日・東京10/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center