(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *高山右近、福者認定の見通し
本文テキスト  日本カトリック司教協議会は、戦国時代の「キリシタン大名」として知られる高山右近を「聖人」に認定するよう教皇庁に対して働きかけを行っている。司教協議会はまず聖人位の前提とされる福者への認定を目指しており、2015年に認定が行われるとの見通しが高まっている。日本側は、右近を殉教者として申請。「日本二十六聖人」など、これまで認められた日本の聖人や福者はいずれも集団での認定であり、右近が福者になれば初の個人認定となる。日本の巡礼団は10月21日、バチカン列聖省のアマート長官と面会。列席者によれば、同長官は2015年中に福者認定の手続きが完了すると述べた(北陸中日・金沢10/15、朝日・東京11/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center