(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【4.キリスト教】
小分類(国名等)
記事タイトル *ヴォーリズ没後50周年を記念するイベント
本文テキスト  10月4日から11月3日にかけて、滋賀県近江八幡市でウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880?1964)の没後50周年を記念した企画展「ヴォーリズ・メモリアルin近江八幡」が開催された。建築家として著名なヴォーリズは、1905年、キリスト教伝道のために来日。牧師や神父ではないがYMCAと密接な関係にあり、彼の設計によるYMCA会館は7つにのぼる。今回の企画展では同市に残るヴォーリズ記念病院の礼拝堂などが特別に公開され、政治学者の姜尚中氏らによる講演会も催された。同じくヴォーリズの設計で、2014年に重要文化財の指定を受けた兵庫県西宮市の神戸女学院大学でも10月に記念講演会が行われ、ヴォーリズの再評価が活発に行われている(読売・滋賀10/1、日経・東京11/15)。
Copyright(c) Religious Information Research Center