(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2014年10月-12月
号数 65
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *対馬で仏像と経典窃盗、韓国人5人逮捕
本文テキスト  梅林寺(長崎県対馬市)から市指定有形文化財の仏像を盗んだとして、長崎県警対馬南署は11月24日、韓国人の男4人を窃盗・建造物侵入容疑で逮捕した。容疑者らは同寺の倉庫に侵入し、銅製の仏像「誕生仏」を盗んだ疑い。寺から通報を受けた同署員が、釜山行きの船が出る港の乗り場で職務質問を行い、仏像と経典約320巻を発見した。容疑者ら4人のうち2人は容疑を認め、「日本に仏像を盗みに来た。日本の仏像は金になる」という内容の供述をしている(読売・東京・夕・11/25)。翌25日には、新たに韓国人の男1人を窃盗・建造物侵入容疑で逮捕。逮捕者は計5人となった(読売・東京11/26)。同寺からは仏像と一緒に保管していた市指定有形文化財の経典360巻もなくなっており、容疑者らの所持していた320巻を除く40巻について、県警が追求。対馬市の厳原港で捨てたとの供述が得られた。供述に基づいて捜索を行い、発見された経典は盗まれたものと一致した(読売・東京12/13)。
Copyright(c) Religious Information Research Center