(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年12月-2003年2月
号数 18
媒体 国外
大分類 【8. 国際会議・生命倫理】
小分類(国名等) ◆生命倫理<クローン技術関連>
記事タイトル *クローン人間出産をめぐる協奏曲
本文テキスト  新興宗教団体ラエリアン・ムーブメント(本拠地スイス)は19日、クリスマスにクローン人間を誕生させる方針を明らかにした。教団幹部で、教団の生殖医療専門ベンチャー企業「クローンエイド」社社長を務める仏人科学者ブリジット・ボワセリエ氏によると「妊娠しているのは30歳代の米国人で、赤ちゃんは女児」という(朝日・夕 12/20)。その後同氏は、女児は26日正午前に出産、「イブ」と命名されたと発表。しかし、多くの研究者は信憑性を疑問視している。当初ポワセリエ氏は第三者にDNA鑑定を依頼するとしていたが、翌月2日、匿名性の守秘に疑問をもったとして、鑑定を延期すると発表した(日経 12/28、朝日 1/4)。
 一方、同じくクローン技術による妊娠に成功したとされるイタリアのアンティノリ医師は、14日発売のセルビアの週刊誌で、世界初のクローン人間の赤ちゃんが来年1月にベオグラードで誕生すると述べている(日経 12/16)。
 こうした動きに対し、中国・新華社は12月28日、ラエリアンを「邪教組織」と批判(読売12/29)。韓国ではソウル地検が12月29日までに、医療法違反などの疑いでクローンエイド社韓国支部を捜索した(毎日12/30)。またEUも1月8日、今年中にもクローン人間禁止令を策定する方針を明らかにしたほか(毎日 1/10)、仏上院も1月29日にはクローン製造禁止法案を、30日にはクローン治療禁止法を可決する(西日本 1/31)など、各国とも慌ただしい対応が続いた。
Copyright(c) Religious Information Research Center