(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *遷宮へ
本文テキスト  伊勢の神宮の式年遷宮にあたり、4月に<天皇陛下よりの御聴許を拝し>たことから(『ラーク便り』第23号、6頁)、神社界が動き出した。神宮司庁、神社本庁、神社新報の3者から成る遷宮広報本部が設立され、6日に初の会議を開いた。また伊勢神宮奉仕会(会長・加藤光徳伊勢市長)は6月29日に遷宮対策事務局を設置した(12日付)。勅祭社宮司会は6月28日、<皇居に参内し、天皇陛下の謁を賜>い、明治神宮の外山宮司が遷宮に向け神社界をあげ尽力する旨<申し上げた>(5日付)。東北六県神社庁関係者連絡協議会は6月26日、仙台市で遷宮に向けシンポジウムを開いた。<新たな奉賛体制を>(5日付)。遷宮準備委員会が15日、東京の経団連会館で初会合。同委員会は大宮司の諮問機関で、筑波和俊宮内庁掌典職祭事課長、奥田碩日本経済団体連合会会長ら16人より構成されている(26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center