(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年12月-2003年2月
号数 18
媒体 専門紙
大分類 2月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *イラク
本文テキスト  イラク情勢が緊迫するなか、宗教界の集会やアピールが続いている。新宗連首都圏総支部は15日、東京の国立・千鳥ヶ淵墓苑で「すべてのいのちを尊び 世界の平和を祈る集い」を開いた。深田充啓・新宗連理事長と白柳誠一・カトリック枢機卿(WCRP日本委員会理事長)が「平和の言葉」をのべ、<軍事衝突の回避>を訴えた。集会は12日に緊急に決定されたにもかかわらず約4800人が集まった。また、立正佼成会の青年会員有志は8日と15日、アメリカ、イラク両大使館前で「平和の祈り」を捧げた。このほか、新宗教新聞は<非戦と平和を願い意見書や声明>を出した、以下の諸団体の動きを伝えている。全日本仏教会、立正佼成会、ありがとう基金(妙智会教団)、日本山妙法寺、NGO非戦ネット、アムネスティー・インタナショナル日本支部など。(仏教タイムス13日付、20日付。中外日報18日付に同類記事あり)。
Copyright(c) Religious Information Research Center