(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年12月-2003年2月
号数 18
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *自称霊能師を逮捕
本文テキスト  神奈川県警と大船、鎌倉署などは21日、「悪霊を払う」と偽って多額の祈祷料をだまし取っていたとして、宮崎俊一容疑者らを詐欺の疑いで逮捕した。宮崎容疑者らは、2000年12月ごろから2002年2月ごろまで、都内や千葉、神奈川、埼玉、名古屋、岡山などの駅やデパートで、通行人に「悪霊がついている、放置すると3日以内に死ぬ」などとうそをつき、宮崎容疑者を紹介、「悪霊払いの祈祷料」として現金を受け取っていた。被害者は女性が中心で、1700人から約1億5000万円を詐取したと見られている(読売・東京・夕 1/21)。さらに、神奈川県警と千葉県警の合同捜査本部は27日、宮崎容疑者らが詐欺を分担して行っていたこと、宗教法人を設立するという共通の目的で犯行を重ねていたことを考慮し、宮崎容疑者らを組織犯罪処罰法違反と詐欺の疑いで追送検した(東京・神奈川 2/28)。
Copyright(c) Religious Information Research Center