(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年12月-2003年2月
号数 18
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ) 〈オウム観察処分関連〉
記事タイトル *オウム観察3年延長が決定
本文テキスト  23日、公安審査委員会は、1月末に切れるオウム真理教への観察処分を、3年間更新すると発表した。同委員会は、松本被告からの絶対的な影響力が教団内に未だに根強く残っていることなどを理由としている。これに対して教団側は、処分取り消しの訴訟を起こす予定(朝日・東京 1/24)。この決定に先立ち上祐史浩代表らは、現在の教団は、松本被告を「絶対的帰依の対象としておらず、末端の信者まで自立している」と説明(朝日・東京 1/9)、教団にとり同被告は「すでに過去の人」と述べ、委員会の更新決定を牽制する発言をしていた(朝日・東京・夕 12/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center