(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2002年12月-2003年2月
号数 18
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *ワドル元艦長えひめ丸慰霊碑に献花
本文テキスト  えひめ丸衝突事故の犠牲者の慰霊碑に15日、衝突した米原子力潜水艦のスコット・ワドル元艦長が献花のため訪れ、生徒たちに直接「申し訳なかった」と謝意を示した。元艦長の直接の謝罪は初めて(愛媛 12/16、朝日・東京 12/15)。事故から2年目の2月9日にハワイ・ホノルル市のカカアコ臨海公園で行われた慰霊式には、犠牲者8人の遺族と、救出された元実習生らのほか、愛媛県の前田瑞枝副知事や米太平洋艦隊の関係者ら約150人が出席した。ワドル艦長は慰霊式に出席する予定であったが、遺族感情に配慮し出席を断念、式後に花輪を添えるよう関係者に依頼するにとどめた(東京・東京・夕 2/10、愛媛 2/11)。また同艦長は1月、ノンフィクション作家と共著で、事故当時の様子やその後の海軍の対応などを記した「ザ・ライト・シング(正しいこと)」と題した手記を発表した。同書の売り上げの一部は、ハワイ・ホノルルの海浜公園に建立された慰霊碑の維持管理費用に充てられる意向で、日本での邦訳本出版も検討されている(読売・東京・夕 1/27)。
Copyright(c) Religious Information Research Center