(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *教団
本文テキスト  浄土真宗本願寺派は10日、自主財源確保のため「宗門の保険業務総代理店構想に関する協議会」を設置する「宗達」を発布した(15日付)。「西本願寺展」が24日から東京国立博物館で始まった。親鸞を描いた国宝「鏡御影」について、武野以徳・浄土真宗本願寺派総長は「私たちの信仰そのもの」と出展品の<宗教的意義を強調>(25日付、27日付)。 曹洞宗の2月24日から行われた通常宗議会で「北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会」に支援金を拠出したことが報告された(1日付)。日蓮宗の定期宗会がこのほど開かれ、問題が深刻化している加行所についての特別委員会が設置された(18日付)。真言宗豊山派は25日?26日、千葉幕張イベントホールで日本最大の掛け軸である「長谷寺本尊十一面観世音菩薩御影大画軸特別出開帳」を行い、2万5千人が参拝した(29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center