(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *国際平和
本文テキスト  第10回「アジア仏教徒平和会議(ABCP)」が2月19日から20日にラオスで開かれ、イラク攻撃は平和共存5原則の侵害であるとアメリカに抗議した。一方、日本代表が、核開発など北朝鮮の不穏な動きに憂慮を示すと、北朝鮮代表団が即座に抗議、双方で激論となった(27日付)。アーユス関西などは2月22日、北朝鮮支援を考える集いを大阪市内の寺院で開いた。「私たちはどう向きあうべきか」(6日付)。立正佼成会は20日、イラク戦争の難民などに「一食平和基金」から2850万円を緊急支援をすることを、武力停止を求める会長談話のなかで発表した(27日付、中外日報8日付、25日付に関連記事。イラク問題について仏教タイムス紙は毎号報道。中外日報の項参照)。
 先月から4回にわたる日蓮宗僧侶・中濃教篤氏の回顧録「宗教者による平和運動の曙光」。WCRPが結成当初、アメリカのサイゴン傀儡政権との政治的関係を持ったことを指摘したうえで、現在のWCRPが国際支援活動を重ねるなかで、特定の政治勢力に利用されることの警戒感を強めていることを認めている(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center