(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞クリスチャン新聞
記事タイトル *平和運動
本文テキスト  東京の日比谷野外音楽堂で4日、有事法制関連法案の国会成立を阻止する集会が開催された。これには呼びかけ人として、江尻美穂子津田塾大学名誉教授らキリスト者も多く名を連らねている(キ19日付)。11日には国会近くで、平和を実現するキリスト者ネットらが呼びかけて有事法制反対の緊急行動が行われた(キ26日付)。ドキュメンタリー映画『ヒバクシャ?世界の終わりに』が日本カトリック映画賞をこのほど受賞した。原爆、イラクの劣化ウラン弾などの被害者を取材したもの(キ12日付、カ6日付)。福岡カテドラル大名町教会の入口付近で、毎月1回、1年以上にわたり青年たちがキャンドルを使った平和活動を続けている(カ20日付)。生涯をかけて核廃絶運動にたずさわってきた故平山照次牧師への追悼文。平山氏は今年3月に96歳で死去(キ26日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center