(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 国外
大分類 【6. EU諸国・西ヨーロッパ】
小分類(国名等) ◆バチカン
記事タイトル *ローマ法王動勢
本文テキスト  ローマ法王庁は3月18日に、ブッシュ大統領あての警告を発し、「国際法で保証されるすべての平和的手段がつきたと決断した者は神と良心、歴史に大きな責任をもつ」と表明した(赤旗 3/19)。また、4月20日にはローマ法王がバチカンのサンピエトロ広場でメッセージを発表し、イラク国民が戦後復興の主役となるよう呼びかけた(毎日 4/21ほか)。そして5月18日には83歳の誕生日を迎え、「神の前に出て、自分の生涯を語る日が近づいていることを、日に日に強く認識している」と語り、「弱気発言」として波紋を呼んだ(読売 5/20)。
Copyright(c) Religious Information Research Center