(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆生命医療
記事タイトル *代理母出産児の出生届、不受理
本文テキスト  50代の夫婦が、代理出産によって生まれた子供の出生届の不受理処分を取り消すよう求めていた家事審判で、家裁は8月14日までに「法律上の母子関係が認められない」として、申し立てを却下した。子供は、米国人女性から提供された卵子を夫の精子と体外受精させ、別の米国人女性による代理出産によって生まれた双子。夫婦は在米日本総領事館に出生届を出したが、「分娩したものが母親」であるとする1962年の最高裁判例を根拠に、受理されなかった。今回の審判は、今年1月に出した出生届が不受理であったことを不服としたもの。夫婦は「最高裁判例は生殖補助医療が進歩していない時代の判断で、このケースに適用するのは不適当」などと主張し、即時抗告した(毎日・東京 8/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center