(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2004年6月-8月
号数 24
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *高まる散骨への関心
本文テキスト  7月12日、贈答用品卸のセキセー(名古屋市)が、故人の遺骨を海に散骨する「メモリアルクルーズ」の取り扱いを始めたと発表した。出航場所は全国に19ヶ所あり、乗船する遺族は6人程度で、費用はおよそ26万円(読売・中部 7/13)。メモリアルアートの大野屋(豊島区)では、「モンブラン葬」として2002年に開始され、近年は国際情勢などを考慮して中断されていた、欧州最高峰のモンブラン山頂での散骨サービスを、2004年10月から再開することを決定し、8月に募集を始めた。葬儀の期間は周辺観光などを含め7日間、費用は散骨費がおよそ29万円、同行者の旅費が55万円、最少催行人員は6人となっている(産経・東京 8/30)。いっぽう、北海道長沼町では、札幌のNPO法人による全国初の「散骨場」の設置計画に、地域住民が反対している。この問題について、厚生労働省は6月18日、散骨場の建設は「運営の形態などからみて法的に適当でない」との通知を町側に文書で伝えた。散骨については墓地埋葬法に明記されておらず、法務省が1991年、「節度をもって、葬送のひとつとして行う限り違法とはいえない」との見解を示しているのみ(読売・東京 6/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center