(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆その他
記事タイトル *ヤマギシ会に財産返還命令
本文テキスト  「幸福会ヤマギシ会」の脱会者11人が、入会時に同会に納付した財産や在会中の労働賃金が脱会時に返還されないのは不当であるとして、農事組合法人「ヤマギシズム生活豊里実顕地調整機関」などに対して約3億8000万の支払いを求めた訴訟の判決が、3月20日、津地裁であった。判決は「参画契約の中で、出資した財産を一切返還しないのは公序良俗に反する」として、原告のうち7人について、持ち込み財産の一部、計6500万円を支払うよう、同機関に命じた。賃金については、原告らは労働の対価が支払われないことは承知であったとして請求を棄却した。賃金に対する判断が示されたのは今回が初めて(毎日・名古屋・夕 3/20)。
 4月5日、ヤマギシ会が控訴を断念したことによって、3人への支払いが確定した。残る8人の原告は、持ち込み財産のヤマギシ会への所有権移転を認め、ヤマギシ会が税務署に支払った贈与税を差し引いたのは不当だとして控訴している(しんぶん赤旗 4/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center