(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 国内
大分類 【1.神道】
小分類(国名等)
記事タイトル *原発反対の宮司解任
本文テキスト  中国電力の上関原発建設予定地(山口県熊毛郡上関町)の一部を所有する四代正八幡宮(同町四代地区)の林春彦宮司について、3月17日神社本庁は「神社運営を話し合う責任役員会を開かず職務を怠った」として解任した。林宮司は「命を脅かす原発に、神社の地を渡すことはできない」と売却を拒み、四代地区の9割以上を占める原発推進派の氏子たちとの間で対立が続いてきた。今回の決定は、氏子総代らが宮司を解任するよう求めた2000年10月の進退具申書を神社本庁が受け入れたかたち。
 翌日、後任として山口市の朝田神社の宮成恵臣宮司が、宮司を兼任することになった。4月24日、宮成新宮司は前宮司が売却を拒んでいた土地について、境内地とは認められず、売却は可能との見解を示し、中国電力に土地が売却される可能性が大きくなった(朝日・北九州 3/18、山口 3/19、朝日・北九州 4/25)。
Copyright(c) Religious Information Research Center