(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2003年3月-5月
号数 19
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆中国・台湾
記事タイトル *台湾の水子供養
本文テキスト  妊娠中絶が合法化した1980年代以降の台湾では、日本の水子供養の影響を受け、多くの道教宮や廟で「嬰霊供養」が行われている。嬰霊とは中絶や流産による水子を意味する。嬰霊供養で有名な苗栗県の龍湖宮は1975年に創建された。女性芸能人らが供養したという報道から話題となり、これまでに2万人以上が供養を行い、近年では毎年5、6千人が参拝する。創建者の林健一師は「供養をしなければ母親や父親などに不幸をもたらす可能性がある」と語る。こうした嬰霊供養は、死者供養の一環として、日本の盆行事にあたる地蔵法会において仏教寺院で行われることもある(中外 4/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center