(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
発行年 2014
号数 64
媒体 国外
大分類 【8.北米・中南米】
小分類(国名等) ◆アメリカ
記事タイトル *宗教的理由からオバマケアの例外認める
本文テキスト  連邦最高裁判所は6月30日、キリスト教信者の経営者らの訴えで、医療保険制度改革(通称オバマケア)の適用対象から避妊薬を除外できることを条件付きで認めた。新制度は従業員に対して適切な医療保険を提供する義務を企業に課しているが、同経営者らは企業が避妊薬の費用を負担することは一部のキリスト教の教義で禁止されている中絶の容認を意味しているとして、信仰の自由を保障する「宗教の自由回復法」に反すると主張していた。最高裁はこの主張を認め、信仰に基づいた経営方針をとる小規模な企業は医療費負担の適用対象から避妊薬・避妊器具を除外できるとした(読売7/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center